中小消費者金融と大手消費者金融の違い

お金を借りれる消費者金融を利用したいと考えた時に、数多くある消費者金融会社から自分の条件に合った借入先を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。日本には、「プロミス」「アイフル」「アコム」などの大手の消費者金融以外にも、200社以上も消費者金融会社があるそうです。こんなにたくさんあると、どれが自分に最適なのかわからず、「広告やCMで名前を聞いたことのある会社なら大丈夫だろう」と知名度だけで選んでいる人もいるでしょう。

 

大手消費者金融5社を除いた会社は、「中小消費者金融」と呼ばれています。中小消費者金融の中にも、全国から借入できる「中堅消費者金融」と、地域に根ざした「小規模消費者金融」(街金)があります。また、街金は“闇金”と同じだと思っている人もいるようですが、街金は法律にしっかりと認められているので、闇金とは全く別物です。

 

大手も中小も、申込資格や審査基準に違いはなく、信用情報や返済能力は必ず確かめられます。ただし、中小消費者金融では、審査基準が独自に決められているので、大手に比べると柔軟な審査を受けられることがほとんどです。

 

中小消費者金融は、顧客を獲得するために、大手で融資を受けられなかった人も対象としています。大手消費者金融の場合、全ての人が利用できるわけではなく、過去に金融事故を起こしたブラックリスト者だと、審査に落とされてしまいます。それが、中小消費者金融の場合は、ブラックリスト者でも、現在しっかりと返済能力があると判断されれば、お金を借りれることがあるのです。

 

それでは、中小消費者金融のメリットとデメリットを紹介します。まずは、メリットです。

 

・スピード融資

 

大手消費者金融の場合、審査は自動で振り分けされますが、中小消費者金融は、申込件数が少ない会社がほとんどなので、人の手によって審査が進められます。そのため、顧客の事情に合わせて柔軟な対応をしてくれます。

 

・即日融資可能

 

中小消費者金融は、即日融資できる会社が多いです。つまり、申し込みをしたら審査が行われ、借入の契約をし、その日のうちに借入ができることも多いということです。

 

・無利息特典が受けられる

 

中小消費者金融によっては、初めて利用する人を対象として、一定期間無利息いなるサービスを行っているところもあります。

 

次はデメリットです。

 

・下限金利が高めに設定

 

中小消費者金融の下限金利は、大手と比べると、少し高めに設定されています。借入を検討する時は、金利は必ず確認しましょう。

 

・融資の限度額が低めに設定

 

大手と比べて、借入限度額が低めに設定されています。大手だ、最大500~800万円くらいですが、中小消費者金融の場合は50万~300万円くらいまでとなっています。