ブラックリスト者でも利用できる消費者金融

消費者金融で延滞したり破産したりした経験があって、別の消費者金融の審査が通らなかった人もいるでしょう。そのような人は、「自分がブラックリスト者だから審査に通らなかった」と考えて、ブラックリストに入っている人でも借りれる消費者金融を探していると思います。

 

実は、「ブラックリスト」というリストの実物は、金融業界において存在しません。ただ、「延滞や破産の経験があって、お金を貸すのが危険な人」という情報は共有されているので、消費者金融会社によっては、審査で落とされる場合があるのです。そのような状態を“ブラック”と呼ばれるようになったのですが、法律で「延滞や破産を経験した人は融資を受けられない」と決められているわけではないのです。

 

現在では、消費者金融は大手から中小まで数多く存在しており、それぞれの会社の基準で審査を行っています。そのため、中には、いわゆるブラックリスト者となっている人でも、お金を☆彡借りれる消費者金融もあるのです。ここでは、ブラックリスト者でも借りやすい消費者金融を紹介します。

 

・フクホー

 

フクホーは本社が大阪にある設立1970年の老舗消費者金融です。老舗という安心感だけでなく、最短で即日融資も可能な顧客第一の会社でもあります。延滞したことがあり、銀行や大手消費者金融の審査に落ちた人でも、フクホーなら、その日のうちにお金が手に入る可能性があります。もちろん、どんな状況の人でも100%借りれるとは言い切れませんが、お金に困っている人は一度検討してみると良いでしょう。

 

また、ホームページでは、借入できるかすぐにわかる「お借入れ診断」や、毎月の返済額や返済回数が試算できる「返済シミュレーション」があるので、利用に不安のある人は役立つと思います。申込は公式ホームページから行えます。契約には、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類、源泉徴収票や給与明細書、所得証明書などの収入証明書類、本籍地記載分の住民票原本の提出が必要なので、確実に用意しましょう。

 

・セントラル

 

セントラルも設立1973年の歴史のある消費者金融で、現在まで成長を続けています。延滞や債務整理、自己破産などブラックな人でも審査の対象としています。セントラルの申し込みは、インターネットから24時間365日受け付けていますし、契約も自宅に居ながら行えるので、利用者の都合に合わせて利用できます。また、“セントラルCカード”を使用すれば、返済や借入が全国のセブン銀行ATMからできます。

 

 

ブラック融資してくれる消費者金融

ブラックリスト者でも契約できるの?

「ブラックリスト者でも借りれる」という話を聞いたことがありませんか?同じような状況の人がそんな話を聞くと、藁にも縋る思いなるかもしれません。しかし、本当に借りれるのなら、その人はそもそもブラックリスト者ではなかったか、異動情報が消えていたと考えられます。

 

借金を踏み倒した過去がある場合は、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることはできなくなりますが、それ以外の異動情報ならば、大手消費者金融も徐々に契約できるようになっています。信用情報を回復させたいと考えている場合は、法的手続きによって整理したり、時効の援用を利用したり、示談などで解決を図ったりしましょう。

 

ブラックリスト入りしていても契約できる可能性があるのは、「法的整理を完了させてから5年以上経過した場合」「長期延滞をしたけど入金をした場合」です。このような場合は、大手の企業でも契約するようになってきており、審査に通りやすくなりました。

 

ブラックリストには、意外と簡単に載ってしまいます。消費者金融の信用情報機関(JICC)では、91日以上延滞するとブラック情報が記載され、クレジットカードなどの信用情報機関(CIC)では、61日以上延滞するとブラック情報が記載されるようになっています。また、入金して延滞が解消されても「延滞解消」というブラック情報に書き換えられ、1年も残ってしまいます。

 

最近では、携帯電話の支払いを滞納しブラックリスト入りするケースも多いようです。今では、価格が20万円前後もするスマートフォンが登場し、平均でも本体価格は5万円~10万円となっています。一括で購入できれば良いのですが、さまざまなプランを考慮すると分割払いにする人が多いでしょう。本体を分割払いで購入する場合は、ローン契約を結ぶことになります。つまり、携帯料金を滞納すると、ブラックリスト入りしてしまうのです。携帯料金の支払いを忘れてCICに事故情報が掲載されるケースがかなり多くて、貸金業業界で問題となったそうです。また、延滞した分を支払っても、「延滞解消」として信用情報に残ってしまうのです。

 

消費者金融や銀行の審査では、個人信用情報にブラック情報がないことを前提と考えています。携帯料金などクレジットカード系の延滞をし、入金しても延滞解消というブラック情報が新たにつきますが、現在では、延滞月に入金が完了していれば、契約できる消費者金融も増えています。つまり、延滞解消のブラック情報が残っていても、キャッシングの契約ができる可能性もあるということです。