ファクタリングのメリットとデメリット

「個人向けファクタリングって、本当に安全なの?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。今回は、個人向けファクタリングのメリットとデメリットを紹介するので、利用を考えている方はぜひチェックしてみてください。

 

まずは、個人向けファクタリングのメリットです。

 

・ブラックリスト者でも利用できる。

 

個人向けファクタリングは、ブラックリスト者と呼ばれる人でも利用することができます。個人向けファクタリングで重要視されている審査の対象は、「給料債権の実在性や回収性」です。そのため、たとえブラックリスト者が利用しても問題ないのです。

 

・即日資金調達可能。

 

個人向けファクタリングは、最短即日で現金の調達が可能です。2社間取引の場合は、勤務先に承諾を得る必要がないので、資金調達がスピーディーなのです。

 

・勤務先や周囲の人にバレない。

 

ファクタリング会社と利用者が取引する2社間取引なら、ファクタリングの利用を周囲の人や勤務先に発覚せずに、給料を期日よりも前に借りれる形で資金調達できます。

 

・専業主婦やアルバイトの方でも利用できる。

 

専業主婦やアルバイト、フリーターでも利用できます。専業主婦の場合は、配偶者が勤務していれば利用できることもありますし、給料所得者なら誰でも利用可能です。

 

・信用情報への影響がなく、ブラックリスト者にならない。

 

個人向けファクタリングは、信用情報に悪い情報を残す心配がありません。消費者金融などで借入を行った場合、一定の期間、信用情報に記録されます。ファクタリングは借入ではないので、信用情報に影響を与えることはないのです。そのため、公務員や銀行員などの職業の人や、これから住宅ローンの申込みを行う人などに、おすすめの資金調達方法だと言えます。

 

・給料未払いのリスクから回避できる。

 

基本的に、ファクタリングはノンリコースが主流です。仮に、ファクタリング会社に給料債権を譲渡した後、勤務先が給料の支払いが不能な状況になったとしても、利用者は給料をファクタリング会社に支払うという義務はありません。給料の未払いを妨げる目的でもファクタリングは利用できるのです。

 

次は、デメリットです。

 

・消費者金融と比べ手数料が高い。

 

個人向けファクタリングの手数料は安くありません。消費者金融などは、利息制限法が設けられていて、年利20%以内と決まっています。しかし、ファクタリングは借入ではなく、手数料を制限する法律はないので、手数料はファクタリング会社が自由に設定することができます。

 

一度だけ利用するなら、手数料の高さはそれほど気にならないかもしれませんが、何度も利用する場合、年利で計算するとかなりの高金利になります。そのような場合は、最大でも年利20%で借りれる消費者金融の方が安く済むこともあります。

 

・会社からの信用が失われる可能性が高い。

 

3社間取引の場合、ファクタリングの契約を勤務先に通知し承諾を得ないといけません。そのため、「お金にルーズな人なのか?」「給料をしっかり管理できない人だ」という印象を与えて、会社からの信用を失い、重要なポストから外される可能性もあります。

 

ソフト闇金