ファクタリングに必要な書類

消費者金融の返済に遅れるなどしてブラックリスト者となると、「どこかお金を借りれるところはないか」と探している人もいるでしょう。ブラックリスト者となった人の資金調達方法として、給料日よりも前に給料を借りれる個人向けファクタリングがあります。消費者金融の借入とは異なり、ファクタリングは「債権の売却」なので、ブラックリスト者でも利用できるのです。また、申し込みから入金まで最短即日なので、すぐに現金が必要な場合におすすめの手段です。ファクタリングが必要な時にすぐ利用できるように、必要な書類や事前の確認などについて取り上げます。

 

個人向けファクタリングで必要となる書類は、「身分証明書」「勤務先証明書」「給料明細」の3つです。それぞれの書類について説明します。

 

・身分証明書

 

身分証明書は、顔写真が付いたものが必要になるので、「免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」のいずれかを用意しましょう。

 

・勤務先証明書

 

勤務先証明書とは、現在の勤務先に在籍している証拠となるものなので、「社員証」「名刺」「保険証」などを用意しましょう。また、アルバイトやパートの場合は、源泉徴収票を用意してください。

 

・給料明細

 

「給料明細」や振込確認できる「通帳」など、過去3ヶ月分の給料の支払いを確認できる書類を用意しましょう。

 

個人向けファクタリングは、ブラックリスト者でも利用できるサービスですが、審査に落ちてしまうこともあります。審査落ちを避けるポイントがあるので、そのことをしっかり把握して、スムーズにファクタリングを利用しましょう。では、そのポイントを紹介します。

 

・書類漏れに注意する

 

書類に不備があると、審査に落ちてしまうことがあるので、個人向けファクタリングを利用する場合は、確実に必要書類を用意しておくことが大切です。また、必要書類は、ファクタリング会社によって異なるので、契約する会社で必要な書類を確認して準備し、確実に提出できるようにしておきましょう。

 

・銀行口座に入金されている給料債権を用意する

 

個人向けファクタリングで利用する給料債権は、銀行口座への入金の確認が必要です。会社によっては、給料を手渡しで支払われるところもありますが、その場合、審査に落とされる可能性が高くなります。手渡しの給料債権は、銀行口座を開設することができない反社会的勢力として判断され、リスクを回避するために取引を避けられてしまうことがあるのです。そのため、個人向けファクタリングを利用する場合は、銀行口座に入金されていることが確認できる給料債権を用意しましょう。

 

・嘘を書かない

 

お金がなくて困っているという状況にあると、虚偽の情報を書きたくなるかもしれません。しかし、ファクタリング会社は、その情報が嘘だということが必ずバレてしまい、審査に落とされてしまいます。そのため、全て真実の情報を書きましょう。
ソフト闇金