闇金が危険な理由

「審査なしでお金をすぐに借りれる方法が知りたい」「ブラックリスト者でも審査が通るカードローンはないの?」と切羽詰まった状況にある人もいると思いますが、審査なしでお金が借りれるカードローンなど存在しません。冷静に考えてみてください。消費者金融は、ボランティア活動をしているわけではありません。ビジネスとして、利息を得るためにお金を貸しているので、信用力が低く明らかに損失が出ることがわかるブラックリスト者などには絶対に貸さないのです。

 

しかし、お金に困っている人は、お金を手に入れることだけで頭がいっぱいになり、自分に都合の良い方法に手を出したくなるものです。そんな時、「審査なしで現金が手に入る!」という言葉を見かけたら、飛びついてしまうかもしれません。しかし、このような業者は、金融庁に登録されていない、いわゆる“闇金”です。甘い言葉に誘われて闇金で借り入れをして、10年も20年も借金の返済に追われて、人生が変わってしまった人もいます。それでは、闇金が危険な理由を紹介します。

 

・非合法な高金利を請求されることがある

 

審査なしの消費者金融は、金融庁に登録されていない業者だとされ、非合法な業者だと判断されます。そのため、審査なしの消費者金融でお金を借りた場合、非合法な高額な利息を取られることがあるのです。

 

利息制限法では、「融資金額が10万円未満の場合、年利は20%以下」「融資金額が10万円以上100万円未満の場合、年利は18%以下」「融資金額が100万円以上の場合、年利は15%以下」と決まっています。

 

しかし、非合法な消費者金融と契約すると、法定上限金利よりも高金利で請求されることがあるのです。ただ、法定金利よりも高金利で請求する業者も悪いですが、非合法だと知っていながら手を出す利用者も悪いと言えます。違法な消費者金融を利用して高金利でお金を借りないために、審査なしのカードローンには絶対に手を出さないようにしましょう。

 

・非合法な取り立てが行われることがある

 

非合法な高金利でお金を貸すだけでなく、違法な取り立てを行う闇金業者もあります。最近では、減ってきていますが、「返済の督促を昼夜関係なくされる」「借金の内容や中傷が書かれた紙を貼り付けられる」「借金があることを勤務先や親族、知人などにバラされる」「他社で借りて返済するように迫られる」などの取り立てが今でも実際に起きています。地獄のような生活が待っているだけなので、絶対に闇金でお金を借りないようにしましょう。

 

・社会的信用が失われることがある

 

ソフト闇金からの悪質な取り立てが行われると、平穏な生活は送れなくなります。また、勤務先などにも督促の電話が入るようになると、職場の人からは信用を失うことになるでしょう。