「ブラックリスト」って本当にあるの?

個人信用情報に悪い履歴が書き込まれることを「ブラックリスト入りした」と言われることがあります。

 

消費者金融業界においては、「事故情報」「参考情報」「異動情報」と呼ばれており、
実際には、“ブラックリスト”というものはありません。

 

ただ、ここでは、わかりやすく説明するために、
異動情報についてをブラックリストと呼びます。

 

長い間、消費者金融業界では、
個人信用情報機関に登録されたブラックリスト者との契約を見合わせてきました。

 

信販系やクレジットカード系では、
ブラックリスト者の情報が簡単についてしまいますが、
審査内容が変わり、一定の条件を満たしていれば、
ブラックリスト者でも契約するという対応になったようです。

 

 

クレジットカードやカードローンは、
あなたの“信用”によってお金が借りれるかどうか決まります。

 

これは、審査の際に、個人信用情報をもとにして、
「この人にお金を貸しても本当に大丈夫なのか?」ということが判断され、
その信用力を担保にして、
連帯保証人や不動産担保など不要でお金を借りれるのです。

 

 

では、「信用情報に傷がついていない」とは、どのような状態のことでしょう?

 

・キャッシングの借入がない、または、借り入れした額が少ない。

 

・キャッシングやショッピングでの取引で延滞していなかったり、解消されていたりしている。

 

・債務整理などの法的な整理をしていない場合や、完了して5年以上経過している場合。

 

・債務不履行や借金の踏み倒しをしていない。

 

 

逆に、これらの点で問題があると、信用情報に傷がついてしまいます。

 

キャッシングの返済日から61日以上、
または、3ヶ月以上遅延するような行為は信頼を損ねるので、
ブラックリスト入りする原因となります。

 

返済が遅れて督促状が届いた時点で、
その事実が個人信用情報に記録されたと考えた方が良いでしょう。

 

また、「返済が遅れそう」という連絡を入れたとしても、
遅延であることに変わりがないということで、
会社によっては信用情報に記録されてしまうこともあります。
そのため、返済は遅れないようにすることが一番です。

 

 

債務整理を行った場合も信用情報に傷がつきます。
債務整理というと有名なのは「自己破産」ですが、
その他にも、「任意整理」や「民事再生」なども含まれます。

 

なお、過払い請求については、以前は事故情報として登録されていましたが、
ルールが見直されたので、請求後に新規申し込みを改めて行っても契約できることもあります。

 

ソフト闇金

信用情報機関とは?

信用情報には、名前、生年月日、電話番号、勤務先、住宅情報、個人の年収、消費者金融のカードローン・キャッシングやクレジットカードの利用履歴が記録されています。

 

そして、信用情報に悪い情報が残りブラックリスト者となれば、
クレジットカード払いができなくなったり、ローンが組めなくなったり、
日常生活の中で不便さを感じることが増えるでしょう。

 

では、これらの信用情報は、信用機関にいつまで記録されるのでしょう。
一度、信用機関に記録されると、
一生ブラックリスト者となってしまうのではないか、と心配になりますが、そうではありません。
信用機関に登録されるのは、一定の期間だけです。

 

日本には、信用情報機関が3つあり、信用情報はそこで管理されています。
「シー・アイ・シー(CIC)」は、主に、クレジットカード会社や銀行、消費者金融が加盟しています。
「日本信用情報機構(JICC)」は、主に、クレジットカード会社や銀行、消費者金融が加盟しています。
「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は、主に銀行が加盟しています。

 

 

契約や借入、返済などに関連する情報は、JICC、CIC、KSCともに、約5年間記録が残されます。
注意が必要なのは、すでに完済したり解約したりしたものでも、
一定の期間は記録が残されてしまいます。
その他に関しては、それぞれの信用情報機関で期間が異なります。

 

 

長期延滞の記録は、JICCは1年間ですが、CICとKSCは5年間残ります。

 

自己破産など債務整理を行った記録は、JICCとCICは5年間ですが、KSCは10年間も残ります。

 

10年という長い間記録が残るということは、
その間に、カードローンやクレジットカードを申し込むことは難しいでしょう。

 

 

民事再生については、JICCは5年間、KSCは10年間残りますが、CICは記録が残りません。

 

任意整理については、JICCは5年間記録されますが、CICとKSCは記録されません。

 

 

また、クレジットカードやカードローンを一度に複数社申し込むことも注意しましょう。
3つの信用情報機関で、申し込みをしたという記録が6ヶ月間残されるのです。

 

申し込みを短期間で申し込むという行為が、お金に困っていると判断されてしまいます。

 

クレジットカードなどを1つ申し込んで審査に落ち、借りれる状況ではなかったら、
別の会社に申し込むのは、6ヶ月以上経ってからにしましょう。

 

 

カードローンを申し込む際に、自分がブラックで借りれるかどうか心配な場合は、
自分の信用情報を確認しておくと良いです。
信用情報の開示請求が最も簡単なのは、CICでしょう。

 

なぜなら、開示の申請や報告書の受け取りは、インターネットだけでできるからです。
その他の方法に、郵送と窓口がありますが、
手数料は、インターネットや郵送が1,000円、窓口が500円となっています。

 

JICCの申請は、郵送や窓口、スマホアプリでできますが、報告書の受け取りは、
郵送か窓口のみで、スマホアプリでは見ることができません。

 

手数料は、郵送が1,000円で窓口が500円です。
また、KSCの場合は、申請も報告書の受け取りも郵送だけで、手数料は1,000円です。

 

ソフト闇金